tactn001のブログ

大学受験予備校で数学の講師をしております.

ドゥバルグのデビューアルバム

Lucas Debargueのデビューアルバム

2015年のチャイコフスキコンクール4位.

スタイルが独特で話題になった人だと思う.

ライナーノーツによれば

「正式なピアノ教育を受け始めたのは20歳の時.そのわずか4年後」

とのことです.

パリでのライブ録音で,収録曲目は

Sccarlattiのソナタ K208 K24 K132 K141

Chopin の バラ4

Liszt のS.514

Ravel の夜のガスパール

GriegのOp47-3 メロディ

Schubert 楽興の時 D780-3

アンコールピースが 冒頭K208 をドゥバルグが編曲した変奏曲

チャイコフスキコンクールでも思ったことですが,

結構独特なので好き嫌い分かれるかなって感じです.

メフィスト・ワルツは冒頭からテンポが結構遅くて全体で12:44 かけています.

(私の感覚では 11分ジャスト くらいが一番好みにフィットします)

中間部とかは違和感なく聴けますが,もう少し勢いがあってもよいかも.

夜のガスパールも割と遅めのテンポでじっくり弾いています.

チャイコフスキコンクールのときのほうが印象的でしたが,

今回も佳演だと思います.